ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物園リサーチ
動物園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

動物園情報

動物園の歴史(世界の動物園)



そもそも動物園とは、動物を所有したい、あるいは見てみたいといった人間の好奇心からスタートしたものです。それが現在のような、人と動物が積極的に触れ合える場であったり、種の保存や研究、あるいは動物のみならず動物を取り巻く環境についての教育の場といったものへと変化していったのにはどのような歴史があるのでしょうか。まずは、世界の動きから見てみましょう。

「メナジェリー」から「ZOO」へ

「メナジェリー」から「ZOO」へ

動物園の歴史を紐解くと、古代エジプトから中世代のヨーロッパを中心とした王侯貴族が、戦利品として収集し動物や、あるいは国内はもとより海外からの貢物として贈られた珍しい生きた動物たちを、自分の庭園で飼育したことが始まりだと言われています。しかし、これらはあくまでも個人のコレクションレベルのものでした。

市民に開かれた近代動物園は、1752年にオーストリアのウィーンにある「シェーンブルン宮殿」につくられた動物園に始まります。この動物園は、フランツ1世が、皇后マリア・テレジアのために7年の歳月をかけてつくったもので、マリア・テレジアは、動物コレクションのパビリオンで朝食を取りながら、ゾウ・ラクダ・シマウマなどを見るのが好きだったと言われています。この動物園が、1765年に市民に公開されることになったのです。また、フランス革命のあとに公開されたパリ動物園(パリ・メナジェリー)も、一般公開の始まりのひとつだと言われています。ただし、これらの動物園は、見せて楽しませる娯楽施設の要素が大きく、教育・研究としての役割はほとんどなかったようです。これらは、「メナジェリー」と呼ばれるもので、19世紀に英語で動物園を表す「ZOO(ズー)」という用語が確立するまでに開設されていた動物展示施設を指すとともに、一般に"見世物的な動物展示施設"に対して用いられます。

近代動物園(ZOO)としての始まりは、「ロンドン動物園」

近代動物園(ZOO)としての始まりは、「ロンドン動物園」

1828年に、ロンドン動物学協会が、イギリスのロンドンのリージェントパークに動物学に基礎を置いた動物園を開園します。これが「ロンドン動物園」です。この動物園は、科学的な研究のための研究資料として、世界のあらゆる地域から動物を収集し、飼育展示して動物学の発展に寄与することを目的につくられたものです。このロンドン動物園が、王侯貴族のコレクションに起源をもたない、純粋な動物園精神を持った近代動物園としての始まりであると言われています。これがいわゆる「ZOO(動物園)」の始まりです。「ZOO」とは、ロンドン動物園の名称で使われた「zoological garden」の略称が動物園を指す単語として一般化したものなのです。

ロンドンに続いて、アムステルダム(オランダ・1838年)、アントワープ(ベルギー・1843年)、ベルリン(ドイツ・1844年)と都市の中心部に動物園が次々と誕生していきます。世界では、19世紀末までに50ほどの動物園が開園しますが、植民地を持つヨーロッパの国に集中していることも特徴です。

ハーゲンベック式(無柵式展示)の誕生

ハーゲンベック式(無柵式展示)の誕生

そして、近代動物園の発達における最初の重要なステップは、1907年のハンブルクの「ハーゲンベック動物園」の開園です。これは、「ハーゲンベック式(無柵式展示)」として知られる、最初の、遮るもののない大パノラマ景観を持った動物舎を導入したものでした。ハーゲンベック式(無柵式展示)は、ハンブルクの動物商「カール・ハーゲンベック」が、集めていた動物たちを公開するのに、商品となる大切な動物たちのためを思い考案された展示方法だと言われ、この展示法で動物と人を隔てるのは、ある程度の深さを持った堀です。目の前に大きな堀があり、その向こうにゾウやライオンたちがいるという、日本でもお馴染みの動物園の風景を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

「ケージ」から「テリトリー」へ

「ケージ」から「テリトリー」へ

そして、20世紀中盤、「スイス動物園」の園長のハイニ・ヘディガーは動物飼育において新たなコンセプトとなる「動物園生物学」という科学分野を創設しました。これは、「ケージからテリトリーへ」という格言で代表される、一般に「生態展示」と言われる展示法です。具体的に紹介すると、アフリカや東南アジアといった一定の地域の動植物をまとめ、できるだけ自然に近い方法で見せる手法で、1980年代からアメリカの動物園を皮切りに発展し、今に至っています。この展示法では、動物たちの背景になる草木や岩まで本物あるいは本物同様に似せてつくられます。全米有数のサンディエゴ動物園の生態展示の森などは、そこに置かれている岩がつくりものだとは到底思えないほどの擬似ぶりです。

その地域に旅した気分の中で、その地域が抱える問題とも向き合う

その地域に旅した気分の中で、その地域が抱える問題とも向き合う

こういった念入りな生態展示は、動物たちが単独で檻の中にいるのよりずっと感情移入して楽しめるとともに、より多くのメッセージを盛り込むことができる点が注目されています。設定されたその地域に旅したつもりになり、そこにいる動植物を"環境そのもの"の中で見ることで、最後まで見終ったときには、その地域が抱える問題とも無関係でいられなくなることを狙いとしているのです。

このような、ジャングルや森の再現といった大掛かりな施設ではなくても、地域ごとに動物を展示することは、現在、各地で積極的に行なわれており、日本においても、「到津の森公園」(福岡県)や「よこはま動物園(ズーラシア)」(神奈川県)などで見られます。

「環境エンリッチメント」の試み

「環境エンリッチメント」の試み

その一方で、動物園という限られた空間の中で、野生の環境を全て再現することは到底無理であり、そういった限界がある中で、動物のストレス軽減にも配慮した「環境エンリッチメント」という試みが、日本を含む世界の動物園で行なわれています。これは、動物本来の習性を可能にする工夫で、動物園という環境下でもどうぶつが"幸せ"に生きることを目指したものです。そういった動物園の"今"については、[動物園の「今」を知るキーワード]で紹介しましょう。

CXg