ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物園リサーチ

動物園情報

動物園を支える人々



動物園は、園長を筆頭に、さまざま職種の人たちのチームワークによって運営されています。また、多くの動物園では、ボランティアスタッフやサポーターたちも活躍しています。

飼育に関わる人たち

飼育に関わる人たち

動物園の飼育員は、動物を健康に飼育するとともに、来園者に動物の素晴らしさを伝えることが主な仕事です。 朝は、動物の健康チェックと給餌の時間です。動物の動き、毛ヅヤなどの他、 餌の食いつきや食べた量なども健康チェックのポイントです。

また、動物が快適な環境で生活できるよう、動物の居住スペースの掃除を行なうことや、来園者に動物の素晴らしさを伝えるため来園客とのふれあいの場を作りだすことも大切な仕事のひとつです。

さらに、動物たちの生殖活動をサポートし、種の保存を行なうことも、飼育員の重要な仕事です。生態の記録などの研究活動は、他に関連する動物の研究活動にとって、貴重な資料となっています。

動物の病気の予防・救護・治療に関わる人たち

動物の病気の予防・救護・治療に関わる人たち

動物の病気の予防・救護・治療に関わっているのは、獣医師をはじめとする動物園の医療スタッフです。飼育員同様、動物園の医療スタッフの仕事は多岐にわたります。

例えば、病気の感染を防ぐための「検疫」も重要な業務です。動物園にやってきた動物には全て検疫が行なわれます。糞や血液をとり、ウイルス・細菌・寄生虫などの検査を行ない、異常があった場合は治療し、健康な状態にしてから、各々の動物の居住スペースへ移動させるのです。

また、動物園にいる動物は多種多様なので、治療に使う道具は既成品だけでなく、動物に合わせ手づくりすることもあります。動物が入院する場合は、動物の体の大きさや生活に合わせて、入院室をスタッフで工事することもあるそうです。

教育普及に関わる人たち

教育普及に関わる人たち

多くのお客様に来園してもらうための広報活動や、園内で行なわれるイベントの企画・運営は、とても大切な業務です。様々なイベントの企画・運営の他、園内ガイドツアー、動物相談、動物園ニュースなどの作成、さらに動物園で活動するボランティアとの調整も行ないます。

野生生物の保護に関わる人たち

野生生物の保護に関わる人たち

希少動物の保全活動も動物園の大切な業務です。動物園では、性判定、性ホルモン測定、精子を凍結保存する冷凍動物園の管理も行なわれています。

案内や販売に関わる人たち

案内や販売に関わる人たち

入園券の販売や園内での案内、事故対応、あるいは迷子になった、財布を落とした、気分が悪くなったといったなど、来園者への直接的なサービスをする人たちも、動物園を支える重要なスタッフです。

また、園内にあるショップでのグッズ販売や、レストランでその動物園ならではの料理を提供する人も欠かせません。こういったグッズやレストランメニューの検討などもスタッフが力を入れて取り組んでいます。

ボランティアスタッフ

ボランティアスタッフ

動物園は、職員だけでなく、多くのボランティアの人たちによっても支えられています。動物園のボランティアの業務は大きくは2つ。1つ目は、来園者に、動物の特徴などを解説したり、動物たちとのふれあいコーナーで安全な抱き方のアドバイスをしたりするガイドボランティアです。そして2つ目は、サービスガイドと呼ばれているもので、施設案内や迷子札の配布、イベントの補助などです。

動物園サポーター

動物園サポーター

多くの動物園では、動物園サポーター制度を導入しています。これは、動物園を身近に感じてもらい、動物園の動物たちの飼育環境活動などの充実を支援してもらうための寄附を募るものです。動物園サポーターには、年間無料パスポートの発行やサポーター限定のイベント開催など、動物園ごとに特典が用意されています。サポーター限定のイベントでは、普段はなかなか入ることができない動物園の裏側を見ることができるバックヤードツアーやバックヤードガイドなども行なわれています。

CXg