ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
動物園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

動物園情報

全国のサファリパーク(東日本)



サファリパークは、動物園よりも開放的な状態で動物が飼育されており、人が車に乗って巡回するようにして動物を観察することができるのが特徴。ライオンやトラなど迫力ある動物の姿を自然に近い形で見ることができます。

東日本にあるサファリパークを一挙、ご紹介しましょう。

東北サファリパーク(福島県)

東北サファリパーク(福島県)

東北サファリパーク」は、安達太良山のふもとに広がる150万㎡の草原にあるサファリパークで、約120種類の動物たちが、野性本来の姿に近いのびやかな姿を見せてくれます。

この東北サファリパークの大きな特徴が、全身が白い毛で覆われていたり、白い肌をしていたりという希少種のホワイト動物を多く飼育しているところ。日本で初めてとなる赤ちゃんが誕生したホワイトライオンをはじめ、ホワイトゼブラ、ホワイトオオカミ、ホワイトワニ、ホワイトニシキヘビ、ホワイトワラビーといった白い動物たちにたくさん出会えます。

また、毎日公演されているサル劇場やフラミンゴショー、アシカショーなども人気です。

那須サファリパーク(栃木県)

那須サファリパーク(栃木県)

那須サファリパーク」は、那須高原にあるサファリパークです。貴重なホワイトライオンをはじめ、トラ、カバ、サイ、バイソンなど約70種類の動物たちが暮らしています。他のサファリパーク同様、マイカーやライオンバスなどに乗り、園内を周遊しながら動物たちを観察できることはもちろん、キリンなどの草食動物にエサやりができる「体験型サファリパーク」である点が特徴です。

野性の王国 群馬サファリパーク(群馬県)

野性の王国 群馬サファリパーク(群馬県)

野性の王国 群馬サファリパーク」は、1979年に東日本初の本格的サファリパークとして誕生以来、世界中から集められた約100種類の動物たちが自然の生態に近い環境下で暮らしています。園内は、トラゾーンやライオンゾーンの他、アミメキリンやミナミシロサイ、バーバリーシープ、エランドなどの草食動物中心のアフリカゾーン、ニホンザルやツキノワグマなどのサル・クマゾーン、ダチョウやラマ、さらにはオリに入ったユキヒョウやジャガーなどがいるウォーキングゾーンなど、全部で9つのゾーンからなっており、マイカーやジャングルバスで全てのゾーンを回ることができ、それぞれの動物の特徴や迫力満点な姿を至近距離で見ることができるのが魅力です。また、世界でも希少なホワイトタイガーの観察ができるのも魅力のひとつです。

富士サファリパーク(静岡県)

富士サファリパーク(静岡県)

国内のサファリパークの中で最大級の広さを誇るのが、静岡県にある「富士サファリパーク」です。他のサファリパーク同様、猛獣たちをはじめとする野生動物のより自然に近い姿をマイカーやジャングルバスなどで回りながら観察できるサファリスタイルの「サファリゾーン」の他、「ふれあいゾーン」では、小動物たちとふれあうことができます。富士サファリ―パークでぜひ体験してほしいのが「チーターラン・ウォチングツアー」です。陸上界最速のチーターが軽やかに疾走する迫力ある姿を目の前で見られるツアーです。

CXg