ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物園リサーチ

動物園情報

幼児におススメ動物園



小学校に上がる前の幼児を連れて行く場合、退屈した場合、「遊び場」が園内にあると助かるもの。動物たちとの触れ合いも楽しめ、遊び場もある動物園を紹介しましょう。

あらかわ遊園(東京都)

子ども向けの遊び場に併設された「どうぶつ広場」

子ども向けの遊び場に併設された「どうぶつ広場」

1922年に開園され、下町のテーマパークともいえる「あらかわ遊園」は、乳幼児連れにもうれしい「ちびっこ広場」があります。そして、親子で動物とのふれあいを楽しめるのが、小さな動物園「どうぶつ広場」です。この中の「ふれあい広場」では、たくさんのヒツジとヤギが出迎えてくれます。幼児達ですから、最初はおっかなびっくりですが、非常に温厚でおとなしい性格の動物たちなので、しばらくすると子どもたちの顔に満面の笑みがあふれます。また、あらかわ遊園は、おむつ替えや授乳のためのスペースが備えられた施設として、荒川区の「あらかわベビーステーション」に登録されている施設なので、幼児がいるファミリーにとって安心の動物園です。

板橋区立こども動物公園(東京都)

ポニー乗馬体験や「モルモットだっこ」が人気

ポニー乗馬体験や「モルモットだっこ」が人気

板橋区立こども動物園」は、東京都23区の板橋区にある東板橋公園内に併設された動物園です。ヒツジやヤギ、ポニー、ヤクシカ、ニホンジカの他、ウサギ、モルモットなどの小動物、フラミンゴなどの鳥類が飼育されています。ヤギやヒツジとふれあったり、餌を与えたりすることができる「はなしがい広場」の一番の人気は、「モルモットだっこコーナー」。ふわふわの肌触りがたまらない50匹以上のモルモットたちには、何と全て名前が付けられています。このアットホームさが板橋区こども動物公園の大きな魅力です。また、無料のポニーの乗馬体験もおススメ。乗馬ができない小さなお子様連れには、親子で一緒に乗ることができる「ポニーの馬車」もあります。

福山市動物園(広島県)

気軽にひと休みできるベンチやテントがうれしい動物園

気軽にひと休みできるベンチやテントがうれしい動物園

福山市立動物園」は、とても静かな山の中にあるこぢんまり動物園です。大型の動物はいませんが、カンガルー、シロテテナガザル、アライグマ、フンボルトペンギン、フラミンゴなど、ちびっこに人気のかわいい小動物が揃っています。特に、絶滅危惧種のシロテテナガザルに直接ふれられるイベントはおススメです。お母さんやお父さんへのおススメが、「ブラッザグエノン」というおサルさん。イタリアの探検家ブラッザさんがこの猿が好きで名前を付けたのですが、実は、あの「水戸黄門」そっくりのサルで、日本人にとってもすぐに親しみが湧いてくるおサルさんです。もちろん、「ふれあい動物ゾーン」もあり、ヤギやウサギ、ミニブタ、ミーアキャットなどがいます。モルモットは、囲いの中で放し飼いになっており、自由に抱っこができます。また、園内の至るところにベンチやテントがあるところも、幼児連れにはうれしいところです。さらに動物園のそばに位置する猿ヶ島では、時期がよければ子ザルも見られるかもしれません。

熊本市動植物園(熊本県)

動物パレードにワクワク

動物パレードにワクワク

アメリカ西部をイメージした「遊び体験ゾーン」と「ふれあい体験ゾーン」の2つからなる熊本市動植物園の動物ふれあい広場「タッチ愛ランド」は、子どもたちの「見る・触る・遊ぶ」という感覚を育むための施設です。この「タッチ愛ランド」にいるヤギやヒツジ、ポニー、ウサギ、ニホンザルなどが環境に優しい電気自動車を先頭に園内各所を行進する「動物パレード」は、幼児も大喜びの恒例イベントで、この動物園の名物になっています。

CXg