ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物園リサーチ
動物園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

動物園情報

よこはま動物園ズーラシア(神奈川県)



よこはま動物園ズーラシア」(以下、ズーラシア)は、国内最大級の動植物園として整備が進められている「横浜動物の森公園」(計画総面積約103ha)の中に、1999年にまず、第一次として28.9haで開園された動物園で、その後続々とエリアを広げ、現在は42.3haとなっており、全面開園すると約53.3haの日本最大級の動物園になります。

「生息環境展示」による"世界一周"の動物旅行に出かけよう

「生息環境展示」による

ズーラシアの大きな特徴は、「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに、野生の動物が実際に暮らしている自然環境をできる限り再現し、世界各地の希少動物たちの保護繁殖や野生復帰に力を注いでいる点です。飼育展示されている動物は、約100種600点で、世界三大珍獣のひとつであるオカピや、インドライオン、アカアシドゥクラングール、テングザルなど、世界各地の珍しい動物たちに出会うことができます。

7つのゾーンの特色あふれる景観とともに動物にふれあう

7つのゾーンの特色あふれる景観とともに動物にふれあう

「ズーラシア」とは、動物園の「ZOO」と広大な自然をイメージしたユーラシア「EURASIA」の合成語で、その名にふさわしい広大な園内は、「アジアの熱帯林」「亜寒帯の森」「オセアニアの草原」「中央アジアの高地」など、世界の気候帯・地域別に分けられた7つのゾーンで構成されています。

各ゾーンでは、それぞれ生息地別に動物たちが飼育展示されていることはもちろん、植栽やその地域の文化的要素も含めて、地域ごとの特色あふれる景観が演出されており、まるで世界を旅しているかのような気分が楽しめます。

例えば、ゲートを入ると、そこはアジアの熱帯林地区。ジャングルのような植物が生い茂る向こうに、アジアゾウたちがいます。また、野生では木の上で暮らすフランソワルトンなどのサルたちは、高さのある檻の中にいて、来園者は地面からでなく、サルたちのいる高さに用意されたボードウォークの上から彼らを観察できるようになっているのです。そして、アジアの熱帯林地区を最後にあるトンネルを抜けると、そこはがらりと風景の違う亜寒帯の森地区…。まさにワクワクドキドキが続く見事な構成です。

「大接近ポイント」をチェックし、出かけよう

「大接近ポイント」をチェックし、出かけよう

非常に広いズーラシアの園内を、限りある時間の中で回るのにおススメなのが、出かける前にズーラシアの公式ホームページにある「園内の楽しみ方」で情報を得ていくことです。ズーラシア初心者に向けて特におススメなのが、「大接近ポイント」の紹介。動物たちと大接近できる場所やポイントをわかりやすく紹介してくれています。また、何度か訪れている人も、ズーラシア園内で見られる決定的瞬間を紹介する「見られたらラッキー」や、見落としがちなポイントを紹介する「ズーラシアのトリビア」をぜひチェックして出かけましょう。楽しみ方がグンと広がります。

締めくくりは、ズーラシアにしかないデザート

締めくくりは、ズーラシアにしかないデザート

7つのゾーンを存分に楽しんだあとは、退園ゲート近くの「カフェトリエスティーノ」へ。18世紀にコーヒー豆貿易で栄えたイタリアの港町「トリエステ」をコンセプトにつくられたカフェで、本格的なエスプレッソとジェラートが用意されています。おススメは、大人気のオカピをかたどった「オカピサンデー」と、ズーラシア名物のインドゾウを表現したスペシャルデザート「ぞうさんカップ」。食べるのが惜しくなるかわいさに加え、味のバランスも絶妙。歩き回って疲れた体をホッとさせてくれるデザートです。

CXg