ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト動物園リサーチ

動物園情報

富士サファリパーク(静岡県)



富士山のすそ野に広がる野生の王国「富士サファリパーク」は、様々な動物たちがより自然な環境下でのびのびと自由に暮らす様子を観察できるサファリパークという形態の中でも、日本最大級の規模を誇るサファリパークです。「ブライド」と呼ばれる群れを形成し生活するライオンや、草原を軽やかに疾走するチーターの姿など、野生の生態をよりリアルに体感しながら観察できる施設として、常に熱い注目を集めています。

世界遺産・富士山を背景に、猛獣に大接近できる迫力あるサファリ

富士サファリパークは、車を使って動物たちの居住区を訪れることで猛獣たちを至近距離で観察できる「サファリゾーン」と、小動物たちと直接ふれあい、癒しの時間を過ごすことができる「ふれあいゾーン」に分かれています。

野生動物の息づかいまで感じられる金網越しの大接近

富士サファリパークのサファリゾーンには、世界中の野生動物26種が暮らしています。敷地内には肉食動物のエリアであるクマゾーン、ライオンゾーン、トラゾーン、チーターゾーンの他、ゾウゾーン、キリンやフタコブラクダなどの一般草食ゾーン、さらにはアメリカバイソンやムウロン、ダマジカといった山岳に生息する草食動物がいる山岳草食ゾーンもあり、全部で7つのゾーンがあります。それらを巡るコースは、約50分のドライブコースとなっています。

マイカーでも回れますが、おススメはやはり動物の形を模した「ジャングルバス」です。窓ガラスのない金網張りのジャングルバスでは、コースの途中で肉食動物、草食動物どちらにも餌をあげることができ、野生動物の息づかいまで感じられる迫力満点のサファリゾーン巡りが楽しめます。また、野生動物によりいっそう接近できる「サファリナビゲーションカー」(富士サファリクラブ会員のみ対象)もあります。

ひと味違う体験ができるウォーキングサファリ

富士サファリパークでは、森林浴を楽しみながらサファリゾーンの外周を歩いて見学する、約90分の「ウォーキングサファリ」も人気です。ライオンやキリンといった動物への餌やりやクイズラリーなどもあり、車で巡るのとはまた一味違った楽しみ方ができます。

命の温もりを体感するふれあいゾーン

小動物たちとのふれあいを楽しめる癒やし空間「ふれあいゾーン」にも注目です。「ふれあい牧場」で乗馬体験や餌やり体験などが楽しめる他、アメリカンミニチュアホースによるサファリダービーも行なわれます。時間があえば、ぜひ参加してみましょう。また、モルモットなどの小動物やアルパカとふれあったり、カバやヒョウを観察したりできる「どうぶつ村」、オリジナルのパンがつくれるパン工房もおススメです。

ライオンの赤ちゃんイベント

ライオンの赤ちゃんが誕生した時期であれば、ライオンの赤ちゃんに関連したイベントが数々開催されるのも富士サファリパークの大きな魅力のひとつです。ライオンの赤ちゃんを抱っこして記念撮影ができる他、飼育員の解説を聞きながら、ライオンの赤ちゃんがミルクを飲んだり、すやすや眠ったり、また赤ちゃん同士がじゃれあったりしている様子を観察することができます。

夜しか見られない野生動物の姿に興奮

もうひとつの富士サファリパークの顔が、夜のサファリパークを巡る「ナイトサファリ」です。ナイトサファリでは、昼とはまったく違う、夜しか見られない野生動物の姿を観察できます。特に夜行性であるライオンやシベリアトラなどの猛獣は、涼しくなる夕方から夜にかけてが最も活発に活動する時間帯です。ライトアップされたサファリゾーンで、本物の感動に出会いましょう。

CXg