ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
動物園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

動物園情報

広島市安佐動物公園(広島県)



広島市安佐動物公園」(以下、安佐動物公園)は、広島市の深い緑の山々に囲まれた25.6haの敷地に、約170種3,100点の動物を飼育展示している、西日本最大級の動物園です。

たくさんの動物を見て、ふれて、楽しめる工夫がいっぱい

たくさんの動物を見て、ふれて、楽しめる工夫がいっぱい

安佐動物公園は、主にアジアとアフリカの動物を多く収集し、飼育展示している動物園ですが、同時に、タヌキ、キツネ、ニホンジカ、タンチョウなど、身近な日本の動物の展示も充実していることも大きな特徴です。また、工夫を凝らした独自の無柵放養式(檻や柵などの遮へい物を使用しない展示方式)を採用し、アフリカゾウやクロサイ、アフリカ水牛などの大型動物たちを自然に近い状態で観察できるところも、大きな魅力の動物園です。

ライオンがすぐ隣にやってくる! 大迫力のレオガラス展示

ライオンがすぐ隣にやってくる! 大迫力のレオガラス展示

安佐動物公園の一番人気は、大迫力の「レオガラス」です。この「レオガラス」は、ライオンを大迫力で見られるようにと考案されたもので、ライオンと来園者との間にあるのは1枚のガラスのみ。「隣にライオンが来た!」と感じられる大迫力を堪能できます。

「キリンテラス」や「ライノテラス」も大好評

「キリンテラス」や「ライノテラス」も大好評

また、「キリンテラス」でキリンの顔とご対面できたり、「ライノテラス」では、クロサイをすぐ目の前で見ることができたりと、動物と来園者の距離を縮める工夫がいっぱいです。

給水口から魚が!

給水口から魚が!

レッサーパンダが頭上のネットを通過する際に足裏が見られる「パンダあいWAY」や、ヒヒやカワウソといった、他の動物園ではあまり実施されていない動物たちの食事風景が観察できる「動物お食事タイム」など、独自の工夫も魅力です。カワウソの場合、1日に3回、滝のように流れてくる給水口から、何と水と一緒に魚が出てくるのです。

また、安佐動物公園には、「動物科学資料館」が併設されています。この資料館は、単に資料の展示だけでなく、動物の力を体感できる綱引きコーナーなどもあり、大人も子どもも楽しみながら動物の生態や特徴を学べます。

ナイトサファリも人気

ナイトサファリも人気

夏休み期間中に行なわれているナイトサファリ(開園時間を21時まで延長)もおススメです。薄明かりに浮かび上がる野生動物たちの姿は、非常に幻想的です。園内では、夕暮れコンサートや各種イベントも開催され、安佐動物公園の期間限定の特別な夜が演出されます。

CXg