施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

ホームメイト動物園リサーチ

動物園情報

宮崎市フェニックス自然動物園(宮崎県)



宮崎市フェニックス自然動物園」(以下、フェニックス自然動物園)は、宮崎市にあるフェニックス・シーガイア・リゾートに隣接する動物園で、約13haの広大な敷地に、約100種1,200点の動物たちが飼育展示されています。

日常とは別世界の空間が広がる「生態動物園」

日常とは別世界の空間が広がる「生態動物園」

フェニックス自然動物園は、南国宮崎を象徴する植物が生い茂る太平洋を望む松の丘陵地にあり、日常とは別世界の空間が広がっています。園内は、「アジアゾウ展示場」「アフリカ園」「ラクダ園」「類人猿舎」「こども動物村」などがゾーン分けされ展開されており、園内に入ると、まず、その広大さに圧倒されます。

この広大な敷地を生かして、フェニックス自然動物園が日本で初めて取り入れたのが、アジアやアフリカの野生動物を混合飼育し、より自然に近い環境で動物たちを展示する「生態動物園」という展示手法です。フェニックス自然動物園では、動物たちを高い位置から見たいときには観覧橋や展望台から、また、低い位置から見たいときには観察歩道からみることができる工夫が施されており、動物たちの自然のままの生態を目の前で見ることができます。

飼育数日本一のフラミンゴ展示は圧巻

飼育数日本一のフラミンゴ展示は圧巻

フェニックス自然動物園の目玉で、飼育数日本一を誇るのが、フラミンゴです。ヨーロッパフラミンゴとチリーフラミンゴがおり、その濃淡の差はあるものの、どちらも鮮やかなピンク色の羽を持ち、その美しさを存分に見せつけながら、優雅に迎えてくれます。そして、1971年の開園以来、毎日行なわれているのが、約70羽のチリーフラミンゴによるフラミンゴショーです。2012年からは「フライング・フラミンゴショー」としてパワーアップして開催されています。

アジアゾウ「みどり」とお散歩

アジアゾウ「みどり」とお散歩

人気のアジアゾウ「みどり」と一緒に散歩し、記念撮影ができる「ゾウさんのお散歩と記念撮影」もおススメです。散歩する距離は、約100mほどですが、すぐそばをゾウが歩く姿に、大人も子どもも心が躍ります。

充実したイベントの数々

充実したイベントの数々

フェニックス自然動物園では、園内を歩く姿を見られるのはゾウだけではありません。「こどもどうぶつ村」で展示されている約50頭のヤギたちは、毎日、寝室からこどもどうぶつ村へと出勤して行きます。目の前を大勢のヤギたちが駆け足で走り抜ける姿は、まさに「ヤギの大行進」。中には、よちよちと懸命についていく子ヤギの姿も見られ、思わず「がんばれ」と声を掛けたくなります。毎日、ヤギの出勤時と帰宅時の2回、10時と16時ごろに見ることができるので、ぜひお見逃しなく。

他にも、たるんだのど袋がついた大きなクチバシを広げて食事をする姿がユーモラスな「ペリカンのお食事タイム」や、チンパンジーに大好物の果物をあげたときにどのように食べるかを観察する「チンパンジーの知能実験」などワクワクするイベントが盛りだくさん。園内に入ったら、まずその日のイベントスケジュールをチェックしましょう。

CXg