施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

ホームメイト動物園リサーチ

動物園情報

動物園でチェックしたい!
チーターの速さのヒミツと弱点



陸上で最も早く走れる動物として有名な「チーター」。トラが美しきハンターなら、チーターは他を寄せ付けないスピードハンターです。その早さは、最高時速約100kmと言われています。これは100mを何と3~4秒で走れるということ。まさに驚きの速さですが、ネコ科の動物の中で、どうしてチーターが一番速く走れるのでしょう? そして、実はチーターのその速さには、大きな弱点もあります。

チーターの特徴

チーターの特徴

チーターが速く走れるのは、野球やサッカーで使われるある物を、自分の体に備えているからです。

チーターとは
チーターは、「哺乳網・食肉目・ネコ科」の動物で、ライオン、トラと同じとネコ科の肉食動物です。アフリカのサハラ砂漠以南、西アジア、中近東などのサバンナが生息地です。陸上を走る動物のなかでは最も速く、時速100km以上のスピードで走ることができます。
チーターの大きさ
体長1.2~1.5m、体重30~65kg、尾長0.6~1m
チーターの生活
チーターは群れをつくらず、狩りも単独で行ないます。また、チーターの狩りは日中行なわれますが、これはライオンなど夜行性の動物と競合をせずにすむようにした適応能力の進化と考えられています。
外見の特徴に、スピードハンターとしてのヒミツが
チーターは、人間で言えば、もてる要素たっぷりの外見をしています。他のネコ科の大型動物に比べ、頭は小さく、細く長いしなやかな脚と胴体。そして他のネコ科の動物と決定的に違うのが、その「爪」です。一般にネコ科の動物の爪は、必要のないときは引っ込めることができる出し入れ自在の爪なのですが、チーターの場合は、生後10ヵ月あたりから引っ込めることができなくなります。

チーターの速さのヒミツと弱点

チーターの速さのヒミツと弱点

チーターは、体そのものが高速で走ることに徹した進化を遂げているわけです。その中で爪は、野球やサッカーで使用するスパイクシューズのような働きをしているのです。ただ、チーターがこのスピードで走れる距離は、意外に短く、何と200~500mほどです。このチーターの最大能力と弱点を考えると、もし、この地球上の生き物をつくったのが神様だとしたら、神様は何と絶妙な能力配分をされたのだろうと思わずにはいられません。

しかし、この絶妙な能力を持って生態系を壊さず生きてきたチーターも、人間の生活圏拡大と毛皮目的による乱獲・密猟で、トラと同じく絶滅を危ぶまれる動物となっています。もう過ぎてしまった時間を戻すことはできませんが、チーターの能力は、私たち人間に、今、取り組むべきことを教えてくれているかのようです。

「チーター」に会いに行こう

「チーター」に会いに行こう

チーターは歩き回って獲物を探し、狙った獲物めがけて走って狩りをする動物なので、ほとんどは、比較的広い敷地を持つ動物園やサファリパークで飼育されています。

「ナデシコ」(多摩動物公園
ナデシコは、2011年、多摩動物公園生まれのメスで、「キングチーター」と呼ばれる特徴的な模様を持つチーターです。2013年1月には同じくキングチーターの妹と弟が生まれています。
チーターとシマウマの混合展示(九州自然動物公園アフリカンサファリ
九州自然動物公園アフリカンサファリのチーターゾーンには、肉食動物のチーターと草食動物のシマウマがともに暮らしています。チーターは基本的には自分より大きい動物を襲わないのです。逆にここではシマウマの方が強いようで、シマウマがチーターをよく追い掛け回しているようです。これはチーターにとっても運動不足解消の追いかけっこになっているようです。
CXg