施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の動物園情報を無料で検索できます。

ホームメイト動物園リサーチ

動物園情報

動物園でチェックしたい!
ゾウが苦手なこと



体が大きくて長い鼻と大きな耳が特徴的な「ゾウ」。体が大きいため、敵がほとんど寄って来ません。「百獣の王」と言われるライオンさえも、ゾウが近づくと逃げてしまいます。そんなゾウたち、実は、人間も含め他の動物なら、いとも簡単にできることが、とても苦手です。 さて、それは何だと思いますか?

ゾウの特徴

ゾウの特徴

ゾウの苦手なことは、ゾウの特徴の中に潜んでいます。そこで、まずはゾウの特徴を整理してみましょう。

ゾウとは
ゾウとは、「哺乳網・長鼻目・ゾウ科」の総称で、現在は主にアフリカのサハラ砂漠以南を生息地とする「アフリカゾウ」と、インド・ミャンマー・タイ・マレー半島・スリランカなどを生息地とする「アジアゾウ」がいます。
アフリカゾウとアジアゾウの違い
耳と鼻の形が見分けるポイント。ゾウは大きな耳も特徴のひとつですが、アジアゾウはアフリカゾウに比べると耳が小さいのが特徴。牙もアフリカゾウの方が立派です。一方、アジアゾウの鼻には、上部分に突起があり、これにより巻きつけて持つのが得意です。体全体では、アフリカゾウの方が大きく、アジアゾウは背中に丸みがあります。
  • 体高/アフリカゾウ:約3.3m、アジアゾウ:2~3m
  • 体重/アフリカゾウ:4~7t、アジアゾウ:3~5t
微細な足裏
足の裏はとても繊細で、そこで受けた刺激は耳まで伝達されます。ゾウたちは、この能力を有効に生かし、30~40m離れたところの音を聞き分けることができます。
ゾウの知能
ゾウは自己認識ができます。鏡を見て、それが自分だとわかる動物は、他に人とチンパンジーだけです。また、数の大小を判断できます。簡単な足し算ができるという報告もあります。

さて、「ゾウの苦手」について、何か、気付きましたか?

ゾウが苦手なこと

ゾウが苦手なこと

ゾウの体重は、アジアゾウで3~5t、アフリカゾウでは4~7tもあります。これほどの体重を持つため、足に負担がかなりかかります。ゾウの4本の足はとても頑丈に見えますが、あの足でさえも、実際は体重を支えるのがやっとなのです。逆に言うと、ゾウにとって、足のケガは命取りになりかねないもの。

東京の「多摩動物公園」で、こんなことがありました。体重約7.5tのオスのタマオ(2006年死亡)の歩き方がおかしいと思った飼育員が、タマオの足の裏を見ると、小石が爪の間に深く挟まっていたのです。小石を取るためには足を上げさせる必要がありますが、これをとてもいやがりました。

そう、ゾウは、三本足で立つのが苦手なのです。重い体重を支えるのに、4本の足でもやっとなのに、三本足になれば、1本の足にかかる負担がさらに大きくなって辛いのです。そこで、多摩動物公園の飼育員は、短い時間に何度も足を上げさせて、やっと小石を取ることに成功したといいます。

「ほんのちょっとしたケガ」とあなどるなかれ、です。ゾウは足のケガがもとで起き上がれなくなり、命を落とすことも多々あります。そのため、動物園では、ゾウに足を上げる練習をさせています。動物園でゾウが飼育係の合図に合わせて足を上げているのは、芸を教えているわけではなく、実は、ゾウの健康を考えた訓練なのです。

≪コレ!知っておこう≫ゾウの高さはどう計る?

≪コレ!知っておこう≫ゾウの高さはどう計る?

動物園では、肩や背中までの高さを測るときには、特別な器具を使っていますが、実は、特別な器具を使わなくても、肩までの高さを知る方法が知られています。それは、前足の周囲を測って2倍するというもの。生息地では、野生のアジアゾウの大きさをこうやって測っているそうです。

ゾウに会いに行こう

ゾウに会いに行こう

ゾウは動物園の人気者で、日本のほとんどの動物園で会えますが、例えばこんなゾウがいます。

アヌーラ(東京都多摩動物公園)
アジアゾウ(オス)/1953年(推定)・スリランカ生まれ。1956年、当時のセイロン政府ソロモン・バンダラナイケ首相から寄贈。オスのゾウでは日本の動物園で最高齢。
ランディ(市原ゾウの国
アジアゾウ(オス)/1980年(推定)・タイ生まれ。サーカスで活躍後、来園。2005年夏公開映画「星になった少年」のモデル。人とのふれあいがとっても好きです。
サリーとラン(到津の森公園
アジアゾウ(メス)/1977年(サリー)1978年(ラン)・スリランカ生まれ。神経質で繊細だがリーダーシップがあるサリー。おっとりしていて単純な性格のラン。時にはけんかもするそうです。
さくら(東山動植物園
アジアゾウ(メス)/2013年・日本生まれ。動物園でのゾウの繁殖は難しく、日本の動物園では6例目の誕生です。
CXg