ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • アクアテラリウム
    あくあてらりうむ

    「営巣木」とは、営巣で動物に利用される樹木のこと。エゾリスは、営巣木に針葉樹を好む。アオサギは、カシなどを営巣木とし、営巣が終わると雌雄が巣に入って産卵し、雛を育てる。猛禽類のクマタカは、地域の環境に合わせて常緑針葉樹や広葉樹を営巣木に選び、谷の急斜面に営巣することが多い。国内で見られるトキやシマフクロウなどの個体減少は、営巣木が森林伐採によって減少したことも一因である。動物園では、子が巣立ったあとに使われなくなった巣を営巣木から回収し、生産物標本として展示に用いている。巣と卵・雛・成鳥を同時に展示し、鳥の生活を解説。巣の特徴から鳥の種類を同定したり、使われる巣材の変化から環境問題を考えることにつなげたりするなど、活用の幅は広い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ