ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • アマツバメ目
    あまつばめもく

    「アビ目」とは、鳥網の1目のこと。目とは生物分類学の基本的階級のひとつであり、位置づけとしては、網の下、科の上。アビ目はアビ科のみからなり、アビ目アビ科にはアビ属のみが属しているが、他にも2〜3の絶滅族がある。アビ目アビ科の野鳥にはアビ・オオハムなどがある。アビ科は北半球の温帯以北に分布しており、潜水に適応した鳥で繁殖期以外は主に海岸近くの海上で生活。アビやオオハムは冬鳥で、冬を日本で過ごし春から秋は繁殖のためにロシアに戻る。外形的特徴として、翼は比較的小さく尾羽は非常に短い。足は体の最後方につき、3本の前指は発達した水かきでつながっている。カイツブリ目の特徴に近く、解剖学的特徴もカイツブリ目に似ている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ