ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 域外保全
    いきがいほぜん

    「生き餌」とは、字のごとく生きたまま与えられる餌のこと。園館にいる動物の嗜好欲求を満たすために、多くの動物園や飼育施設で取り入れられている。より野生に近い状態がつくられるため飼育動物の精神に良い影響を与えること、冷凍や冷蔵された飼料に比べて新鮮なことなどが、生き餌を与えるメリットだ。サルにはミルワーム・コオロギ・ピンクマウスなどが、肉食獣には昆虫類・魚類・マウス・ウサギ・ヤギなどが、生き餌として与えられる。また、鳥類であるタカやフクロウは不消化物を吐き出す習性があるため、ビタミンや無機質が補給できるよう、骨・毛・羽・内臓などがあるマウス・ラット・ヒヨコなどが与えられることが多い。爬虫類でも、肉食性動物にはスッポン・カミツキガメ・ドジョウ・ザリガニなどが給与される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ