ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • ウエストナイル熱
    うえすとないるねつ

    「ウェーバー器官」とは魚類の聴覚を司る感覚器官である。ドイツの解剖学者・生理学者であるエルンスト・ウェーバーが発見したことからウェーバー器官と名付けられた。ウェーバー器官はウェーバー小骨(内耳と浮き袋の間にある小骨片)、浮き袋、前部脊柱、筋肉、靭帯(じんたい)によって構成されている。ウェーバー骨片は浮き袋の内壁と左右の耳の球形のう(水平方向の動きを感知する感覚器官)につながるリンパ管に接するリンパ腔と連結し、浮き袋に生じた圧変化による振動を内耳に伝えている。ウェーバー器官をもつ魚類はコイ目及びナマズ目骨鰾上目と分類され、優れた聴覚を持ち、南極以外の主要大陸のほぼ全域に生息する2番目に大きな魚類のグループだ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ