ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 液体窒素
    えきたいちっそ

    「液体窒素」とは、液体空気を分留して製造される、液化した窒素のこと。有機物が入っても爆発しない不活性であることから、低温実験や、液体窒素よりも沸点が低い液体水素・液体ヘリウムの保存などで用いられる。動物園では、様々な動物の卵子・精子・受精卵・継代培養した皮膚細胞・DNAなどを-196℃の液体窒素中で保存する施設があり、冷凍動物園と呼ばれている。家畜で行なわれているように、人工授精・クローニング・胚移植などへ利用することが目的。液体窒素の補充だけで良いので維持費がおさえられ、半永久的な保存も叶う。背景には絶滅危惧動物の増加があり、動物園で繁殖させた個体を野生の生息地に戻し、動物の自立保全活動を行なうことが目標である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ