ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • オウム目
    おうむもく

    オウム病とは、「感染症と予防及び感染症の患者に対する医療に関する法」で四種感染症に指定される、人と動物が感染する人獣共通感染症。病原体はオウム病クラミジアで、感染した宿主の細胞内に侵入し増殖する微生物だ。感染経路は病鳥の排泄物からの吸収が主であるが、口移しの給餌などで感染することも。人に感染した場合、オウム病の潜伏期間は1〜2週間で38度以上の発熱が多く、頭痛や倦怠感、関節痛などインフルエンザに類似の症状が挙げられる。鳥の症状としては、運動量の低下、食欲減退、体重減少などを発症することになり、糞には大量の病原体が混ざるため注意が必要。オウム病は「クラミジア病」「ミヤガワネラ病」「オウム熱」と呼ばれることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ