ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 回遊式庭園
    かいゆうしきていえん

    「怪網」とは、一般的に、細かく枝分かれした血管で形成された網状の血管組織のこと。別名、「奇網」とも呼ぶ。人間の血管で、主な毛細血管領域の前の動脈脚に挿入された、腎臓の糸球体の毛細血管など毛細血管網(動脈性怪網)が怪網にあたる。あるいは毛細血管領域の後の静脈脚に挿入された、肝臓の毛細血管など毛細血管網(静脈性怪網)が怪網にあたる。回遊魚であるマグロは、怪網で熱交換ができるので、筋肉の温度を一定に保つことが可能だ。ネコ科動物に関して頭部血管系のCT画像及び解剖組織学的解析が行なわれた結果、イエネコに加え、ライオンとユキヒョウ、加えアムールヒョウとアムールトラの4種類のネコ科動物には、動脈が網状に形成された怪網構造があることが確認されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ