ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • カッコウ目
    かっこうもく

    「カッコウ目」とは、鳥類の目のことである。これら鳥類は諸説あるが、カッコウ科とされる。別称「ホトトギス目」。ホトトギス目とカッコウ目は呼び方が異なるものの、その範囲は同じである。カッコウ目を構成する科目には過去カッコウ科の他にエボシドリ科、ツバメケイ科があった。カッコウ目のカッコウ科に分類される鳥類は、ほとんどが樹の上で生活する樹上性を持ち、一部は地上で生活する地上性だ。スズメをはじめとする樹上性とは違い、カッコウ目の鳥類は対趾足である。その生態の特徴は、卵の世話を自らは行なわず他の鳥類の巣に生み落とし、世話を個体に託する「托卵」を行なう。また、托卵により産まれた雛はもとある卵の羽化よりも先に産まれる性質があり、雛は卵を巣から落として生存確率を上げる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ