ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • キジ目
    きじもく

    「気室」とは、鳥類の卵の中にできるスペースのことである。鳥類は、カラス類やペンギン類、オウム類などで、体が羽毛に覆われている動物のことを言う。気室があるスペースは卵の鈍端部分の内卵殻膜と外卵殻膜の間にある。この内卵殻膜と外卵殻膜は、鳥類以外に爬虫類の卵にもある物で、卵の内側部分に密着する膜のことだ。気室は、卵の中にある卵白が蒸発することで発生。卵の内側にある水分を調節する役割がある。また、気室はヒナの呼吸とも深くかかわっており、ヒナはこの気室を利用して呼吸を開始。ヒナは孵化の時期を迎えるとくちばしで殻を破り外界へと誕生。気室は殻が破れると同時に消滅する。ちなみに、孵化の時期は日照時間や温度によって異なる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ