ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 寄生
    きせい

    「寄生」とは、生物が他の植物や動物の中に侵入し、生活すること。反対に、寄生をされた側のことを「奇主(きしゅ)」または「宿主(しゅくしゅ)」と言う。寄生生物は、センチュウ、ハイキチュウ、カイチュウ、キュウチュウがある。寄生する場所を大きく分けると宿主の肌部分もしくは、体内部分の2ヵ所。生物が寄生を行なうときは、侵入した植物や動物から栄養を取りながら生きていく。そのため、寄生された側の植物や動物は何らかの損害を受ける場合がある。最悪の場合、寄生した生物が宿主を殺す。宿主を殺す習性がある代表的な生物は、膜翅(まくし)目コバチ上科のヤドリバチである。また、宿主に寄生する生物が2種類以上存在した場合、寄生生物が種類の違う寄生生物に侵入する場合もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ