ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 筋胃
    きんい

    「筋胃」とは、鳥類が持つ消化器官のひとつ。種子食を主としている鳥類で特に発達しており、筋胃の他にも「砂嚢」や「後胃」、「砂肝」などとも呼ばれている。鳥類は「前胃」と「後胃」の2種類の胃を持っているが、筋胃はその後ろの胃にあたるものだ。筋胃は、発達した分厚い筋肉が特徴のひとつ。その筋肉の強力な収縮により、前胃から送られてきた食べた物をすりつぶして消化しやすいようにする役割を果たしている。いわゆる人間で言う歯の役割を果たしているとも言われている。また、筋胃の中には、飲み込んだ砂粒が残っており、エサをすりつぶす際に砂粒が役立つ。この砂粒は「グリット」とも呼ばれている。筋胃の表面には、胃酸と反応してできたコイリン層とも呼ばれる胃小皮がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ