ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 経口感染
    けいこうかんせん

    「外科学」とは、手術などによって傷や病気の治療を行なう医学分野の一種である。怪我などによる傷の縫合が動物園では一番多い外科治療となる。縄張り争いなどによる怪我や、飼育環境が合わず蹄や肉球などに怪我を負うことがあり、鳥類では、飛ぶために翼の骨があまり硬くないので骨折しやすい。外科的治療を行なうか、内科的治療や自然治癒を待つかの判断も大切となる。手術後に群れに戻った際に攻撃される危険性や、繁殖能力に影響があるような場合は、内科的治療も検討する必要がある。動物の手術では、脂肪が多い動物や針がある動物など様々なため、それぞれの動物の特性を理解していなければならない。野生動物とは違い、動物園で飼育されている動物は、寿命が長いことが多く、がん治療も必要となる場合がある。そのようなときも外科治療が役立つ。獣医師は、人の医師とは違いすべての科を一人でこなしている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ