ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 結核
    けっかく

    「結核」とは、呼吸器疾患のひとつで、結核菌が原因となる病気である。サルやウシ、ブタ、鳥類などが罹患する。感染動物との直接接触や間接接触により伝染していく。鳥類では、排泄物により水や土が汚染されて他の鳥へと伝染し、治療は長期にわたる。そのため、広がることを防ぐために淘汰されることも多い。水禽類に多く見られるのも特徴と言える。両性類での結核は、土や水を介して伝染していき、皮膚などに潰瘍が生じたりする軽度のものや、肉芽性炎が多数の臓器に現れて体重減少などの症状が出てきたりするものも。両生類の結核は、感染力が比較的強くないと位置づけられており、抗生物質での治療が行なわれる。動物が結核肺炎になっている場合は、X線撮影による診断が必要となるため、麻酔をする必要がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ