ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 血統登録
    けっとうとうろく

    「げっ歯類」とは、ほ乳類のうちのネズミ目に属する動物のことを意味する。ネズミやリス、ヤマアラシなどがげっ歯類の仲間。ほ乳類の中で一番属種が多いと言われ、32科363属1729種いるとされている。歯がつくことからもネズミの前歯を想像できるが、前歯である門歯が特徴で、げっ歯類では上下に1対ずつ、人間では左右に2本ずつの計8本の門歯が存在。人間とは違い、げっ歯類の門歯は無根であり、伸び続けるという特徴がある。このため、どんぐりなどの木の実をかじっても、門歯が削れてなくなるといったようなことは起こらない。全世界に生息していて、動物園で見ることができるが、野生で見ることもできる動物の種類である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ