ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 抗不安薬
    こうふあんやく

    「交尾器」とは、交尾をする際に使う器官のこと。様々な動物には、交尾器が必ず備わっている。体内受精を行なう動物は、生殖行動として互いの一部をつなぐ。生殖器を直接つなげて行なう繁殖行動を「交尾」と呼び、例えばイカは交尾器である腕を使って繁殖行動をする。この場合は「交接」と呼ぶ。交尾器は子孫を残すために強い本能のもと作られており、しばし交尾器や交尾によって個体に外傷を残す場合もある。例えばキタコガネグモダマシでは、オスは交尾の直後に精子を含んだ触肢である交尾器で、メスの交尾器であるふくらみをねじ切る。ねじ切られたメスは交尾器の機能が果たせなくなり、交尾が不可能となる。この行動意味には諸説あるが、オスが自らの精子で子孫を残す本能が働いたのではないか、という見解が強い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ