ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • サリチル酸メチル
    さりちるさんめちる

    「サリチル酸メチル」とは、サリチル酸の化合物。サリチル酸は白樺皮油(しらかばひゆ)や冬緑油(とうりょくゆ)の主成分で、香りが強く無色の液体状をしている。サリチル酸メチルの沸点は約224度、融点は-8.3度。サリチル酸メチルは私たちの暮らしの中にも多くあり、食品ではアイスクリームやチューインガムなどに含まれている。サリチル酸メチルが日用品に含まれる場合は、香料に使用されることが多い。また、サリチル酸メチルは人や動物の医薬品に含まれることもある。サリチル酸メチルが含まれる医薬品は、消炎剤や神経痛の治療。湿布状または軟膏状で使用される。サリチル酸メチルは毒性を持つため、使用するときは注意が必要である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ