ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • サンクチュアリ
    さんくちゅあり

    「サルモネラ菌」とは、腸内にいる細菌のこと。グラム陰性の桿菌(かんきん)で、腸内細菌科サルモネラ属の細菌だ。サルモネラ菌は多数の鞭毛(べんもう)を持ち、腸内に留まる。サルモネラ菌には多くの種類があり、ネズミチフス菌、腸チフス菌、ゲルトネル菌、パラチフス菌などがある。サルモネラ菌を保有しているのはブタ・ニワトリ・イヌ・ネコ・淡水魚・爬虫類(はちゅうるい)・カメ・昆虫など。人への感染経路は、主に食品。サルモネラ菌に汚染された肉・卵・乳製品などを口に入れることにより、感染する。潜伏期間は8〜72時間で、強い吐き気や腹痛、下痢や発熱などを引き起こす。症状は4〜7日ほど続き徐々に落ち着いてくるが、症状が重い場合は命を落とす危険性がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ