ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 始原生殖細胞
    しげんせいしょくさいぼう

    「試験管内授精(IVF)」とは、人工的な受精方法のひとつ。人工的に卵子と精子を採取し、試験管内で受精を行なう方法だ。試験管内授精(IVF)は別名「体外受精」とも呼ばれ、生殖医療として実績をもつ方法とされる。動物園に飼育される動物の繁殖にも人工的な受精は用いられている。特に希少な種の増殖を考える場合に、人工的な受精が行なわれる傾向だ。中でも大型動物の繁殖の際に用いられる場合が多く、人工授精での繁殖成功例にはチンパンジーやジャイアントパンダ、マナヅルなどが挙げられる。アメリカ サンディエゴ動物園においては、生殖体を凍結し保存する研究が意欲的に進められている。生殖体を凍結保存することで、繁殖のタイミングをコントロールすることが可能に。この方法は、動物園以外にも大学でも研究が進められており、発展を期待される分野である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ