ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 飼料消化率
    しりょうしょうかりつ

    「飼料消化率」とは、飼料の消化吸収した量の割合を示す数値。動物が飼料を摂取後、たんぱく質、エネルギー、乾物などの量から、排出された糞の量を差し引き、まずは消費量を割り出す。この消費量を、飼料の摂取量で割ったものが消化率として計算される。動物園ではこの消化率を動物ごとに管理することで、健康状態を把握し、動物の栄養素に関する要求量と供給量の概念を飼育に役立てる。また、動物の生態を知る上でも飼料消化率は重要な資料だ。消化の過程で、生物が食物を吸収しやすいように変化させる働きを行なう。この働きには、咀嚼などの「機械的消化」と、消化酵素によって分解する「化学的消化」の二段階によって構成される。動物ごとにこの消化機能を研究する上でも、飼料消化率は重要な役割を担っている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ