ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 睡眠病
    すいみんびょう

    「水晶体」とは、軟体動物や脊椎動物、節足動物などが持っている発達したカメラ眼のレンズのこと。ヒトでは、虹彩と言われる部分の後にあり、毛様体が緩んだり収縮したりすることにより、厚さが調節され、焦点を合わせることができる。脊椎動物は水晶体の発生時、眼杯が誘導されることにより表皮から形成。水晶体の主成分となっているのは、たんぱく質のクリスタリンで、哺乳類にいたってはアルファ、ガンマ、ベータと3種類ものクリスタリンが存在する。網膜上で正確な像を見るためには、水晶体の位置を変えることが必要。両生類は水晶体を除去すると、色素上皮の一部で水晶体が再生される。これをウォルフの再生と言い、細胞の分化転換で行なう研究に用いられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ