ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • スズメ目
    すずめもく

    「刷り込み」とは、アヒルや鶏など、鳥類のひなが出生後の間もない時期に最初に見た動くものを親と認識する学習能力のこと。一度学習した経験は、長時間持続する。別名、「刻印づけ」または、英語読みの「インプリンティング」と呼ばれる。一部の鳥類に刷り込み現象があると発見したのは、オーストリアの医師で動物学者のコンラート・ローレンツだ。彼自身が、ハイイロガンの卵を人工孵化してガチョウを育てさせた際、ガチョウが孵化させた雛は、当然親の後について歩くのに対し、最後に残った卵は、コンラート・ローレンツの目の前で孵化したため、ガチョウのもとに押し込んでも彼を認識して追う行動を取ったことが発見するきっかけとなった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ