ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 生息域内保全
    せいそくいきないほぜん

    「生息域外保全」とは、生存する生き物の個体数を、自然環境とは別の場所で飼育し保全すること。地球上に生息する生物の多様性の保全を目指す「生物多様性条約」では、自然環境のなかで生息する「生息域内保全」が原則とされ、「生息域外保全」は、補完のひとつとして考えられる。地球上で生息数が減少している絶滅危惧種に指定される生物は「生息域外保全」の対象だ。生息域外保全の対象の種は、生息域内(自然環境内)に関する情報と、環境省のレッドデーターブックなどを参考に、広く情報収集し判定される。生息域外保全の実施は、主に行政や動物園、水族館、植物園や博物館、NPO等の保全団体などで行う。絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存は、環境省自然環境局野生生物課が「生息域外保全実施計画作成マニュアル」を作成している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ