ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 生態的展示
    せいたいてきてんじ

    「性判別」とは、生物の雄と雌の性別を判別すること。哺乳類に比べてインコやペンギンなど、外見だけでは性判別が難しい鳥類については、DNAにより「遺伝的手法」で性判別が行なわれる。孵化したての雛に関しては、卵白膜を使い検査することで、雛の個体を傷つけることなく判別することが可能だ。成体の場合は、羽軸、血液などが、一般的にDNA判定の試料になる。動物園のペンギンに行なわれる性判別法は、総排泄口を直接観察して判断する「直視法」が簡単。コウノトリは、くちばしの長さと巾を測定する「外部計測法」で、過去の統計に従い判断される。ブチハイエナの外陰部は、雄と雌で非常に似ているため、外見で性判別するのが困難だ。そのため毛を採取してDNA判定が行なわれ、判別する。それでも明確な結果を得られない場合は、採血してDNA検査を行ない判別する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ