ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 早成鳥
    そうせいちょう

    「早成鳥」とは、孵化(ふか)した直後に歩いたり、エサを探す採食行動をしたり活発に行動できる早成性を持った鳥のこと。すぐに目が開き、全身羽に覆われているのが特徴。ツルやキジ、ダチョウ、ニワトリなどが挙げられる。ヒナは外敵に襲われにくく、自力で採食。早成性の鳥類の場合、プロラクチンというホルモンが卵を温めるための抱卵行動に関与していると言われている。孵化したときには羽はほとんどなく、目も開いておらず、巣内で親が育雛(いくすう)する晩成性を持った鳥と比較して扱われることが多い。晩成性の鳥としてはスズメ、ツバメなどが挙げられる。早成性と晩成性という言葉は鳥類だけではなく、哺乳類でも使われる用語である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ