ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 地域血統登録簿
    ちいきけっとうとうろくぼ

    「致死遺伝子」とは、生物を死に至らしめる遺伝子のことを言う。遺伝子は、発生から死ぬまでの特定時期に、体の中の特定細胞や器官に作用を現し、遺伝子特有の酵素やたんぱく質を形成。それが生き物の形や色、大きさとなって現れるものが多い。遺伝子の中には、突然変異を起こしたり、異常作用を起こしたりすると、生存や発育ができなくなるものがある。また個体に死をもたらすものもあり、それが「致死遺伝子」だ。「致死遺伝子」の多くは、優性の形質を支配する遺伝子で、ヘテロ状態で体の部分に異常を現す。致死作用は劣勢だが、ホモ状態になることで、個体を死に至らせる。人の胎児が流産した場合、個体にこの「致死遺伝子」が作用しているものと考えられている場合が多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ