ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 鳥獣保護法
    ちょうじゅうほごほう

    「鳥獣保護法」とは、日本国内に生息している野生の哺乳類や鳥類などについて、狩猟、鳥獣保護事業の実施や管理、生息環境の保護・繁殖、有害鳥獣の駆除、個体数の調整などを定めた法律のこと。通称「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」と呼ばれる。
    例えば、保護や繁殖の場合、生活環境の保全や多様性の確保、生息数の適正水準への増加を目的としている。1895年(明治28年)に狩猟法(鳥獣保護法の前身で、狩猟規則の廃止に伴い制定された法律のこと)が制定。1918年(大正7年)に鳥獣保護法が制定され、1963年(昭和38年)に「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」へ改称。2002年(平成14年)には、法律が全面改正され、2012年(平成24年)には希少鳥獣の見直しが行なわれ、2014年(平成26年)、現在の「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に改正された。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ