ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 特定動物
    とくていどうぶつ

    「共食い」とは、同じ生物、同じ動物同士が生存のために食べてしまう行動のことを指す。具体的には、カマキリのメスがオスを食べたり、ねずみが自分の子どもを食べたりする行動があり、共食いをする理由も様々。カマキリやねずみの他に、オオワニザメも共食いをするが、オオワニザメの場合は、母親の子宮にいる間に共食いをする。大きく育っている胎児が、小さくて弱い胎児を食べて栄養補給するというケースだ。また、小さい生物ではクモも共食いをすることがあり、性交を終えたメスのクモが自分よりも小さいオスのクモを食べることがあり、出産後に空腹になっているメスのクモが食事するのに丁度よいサイズの小さなオスのクモを食べてしまうのである。共食いをするのは、繁殖のためや成長するため、捕食のためなど動物によって理由が違う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ