ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 縄張り維持行動
    なわばりいじこうどう

    「縄張り維持行動」とは、動物学上での動物の個体または団体が、同じ種族の他の個体または他の集団から特定の地域を占拠し、侵入されないように防衛する行動のこと。縄張りを持つ動物は、自分の縄張りの中にいるときに他の動物が侵入してきたときには、侵入してきた動物に向けて攻撃行動を取る。縄張りの侵入者への攻撃行動は直接的な攻撃に限らず、動物の種類によって異なる。魚類や爬虫類は主に視覚により侵入者を発見し攻撃するだけだが、鳥類はさえずりによって自分の縄張りを宣言するものが多い。嗅覚の発達している哺乳類では、臭いを付けることにより縄張りを宣言している。一般的に縄張りの防衛対象は、同じ種族の別の動物に対してと考えられているが、他の種族の動物に対しても防衛される縄張りの例がいくつか確認されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ