ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 日本脳炎ウイルス
    にほんのうえんういるす

    「妊娠個体の飼育」とは、妊娠している個体、つまり動物のメスの飼育を言う。妊娠の定義として、哺乳類をはじめとする胎内で胎児を成長させてから出産する「胎生」を持つ動物を指すので、爬虫類や両生類、鳥類などの卵を産み孵化させる動物は妊娠個体に含まれない。妊娠個体の飼育には、動物によって妊娠期間が大きく異なり、その生活の母体安静の基準も異なる。繁殖能力が比較的高いとされるネズミやハムスターは、交尾後はほぼ100%の確率で妊娠し、妊娠期間も人間に比較するとおおよそひと月と短い。一度の妊娠で10匹程度の子を産む。このように妊娠期間やその様態、出産の状況も異なるが、妊娠個体は胎内に胎児を抱えているのでホルモンも変化し、栄養状況も崩れやすい。妊娠中はできる限り環境を整えて、急激な変化や刺激を与えることを避けるのが望ましい。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ