ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 皮膚
    ひふ

    「ピット器官」とは、爬虫類の一種であるヘビが持つ赤外線感知器官のこと。ボア科・ニシキヘビ科のヘビは、唇である「上唇板、下唇板」にこれが備わっている。口唇窩と呼ばれ、穴が開いたような形が特徴。マムシ亜科では眼と鼻孔の間にあり、頬窩と呼ばれている。嗅覚を感じる鼻とは異なる器官であり、視覚が劣っているヘビにとってはとても重要な器官である。また、夜行性の種が多いヘビは、見通しが悪い夜間でも獲物である小型の恒温動物を獲得する際に的確に察知することが可能だ。ヘビの中でも、特にニシダイヤガラガラヘビは「ピット器官」が優れており、視覚をすべてなくした状態でも獲物を捕食することができると言われている。人間にはこの器官は備わっていないため、サーモグラフィとして、この機能を応用している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ