ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 複婚
    ふくこん

    「複胃」とは、哺乳類の胃で前胃と後胃の区別がはっきりしているもののこと。区別が明らかでない場合を単胃と呼ぶ。前胃は食道が変化したものであり、前胃では消化液の分泌はない。牛・羊・山羊などの反芻動物は複胃である。反芻動物には4つの胃があり、第1の胃では食物を分解。第2の胃は第1の胃とつながっており、半分ほど消化された食物を口へと戻し、口に戻された半分未消化の食物は噛みなおされる。第3の胃には反芻された食物が流れ込む。第3の胃でさらにすりつぶされ消化しやすくなると第4の胃に送られる。第4の胃には胃液があり、ここで消化される。人間の胃と同じ消化機能をもっているのが第4の胃だ。複胃の中でも4室性と3室性があり、牛・羊・山羊は4室性、ラクダ科とマメシカ科は第3胃と第4胃の区別がなく3室性である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ