ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 副腎皮質刺激ホルモン
    ふくじんひしつしげきほるもん

    「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)」とは、脳の下垂体前葉から分泌されるホルモン。39個のアミノ酸から形成されているポリペプチドだ。副腎皮質刺激ホルモンの分泌や合成は、主に視床下部から分泌される「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)」によって調整されている。副腎皮質刺激ホルモンは、副腎皮質ホルモンの分泌を促す作用がある。副腎皮質ホルモンには、糖や脂質、たんぱく質の代謝、血圧の調整に関係していて、主成分が糖質コルチコイドで形成されているコルチゾールなどが該当。副腎皮質刺激ホルモンの分泌が正常でないと、副腎皮質ホルモンにも異常をきたす。検査で副腎皮質刺激ホルモンが高値を示した場合、うつ病やクッシング症候群などが疑われる。反対に低値を示した場合は、下垂体機能低下症や副腎性クッシング症候群などの疑いがあるとされている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ