ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 糞食 (排泄物)
    ふんしょく (はいせつぶつ)

    「ヘテローシス」とは、生物の種間や品種間で交雑を行ない生じた雑種が、両親のいずれよりも体質が健全で発育も良いなどといった優れた形質を有すること。別名「雑種強勢」とも呼ぶ。逆の場合は「雑種弱勢」という語が存在する。ヘテローシスは100年以上にも前に確認されており、トウモロコシや鶏など動植物の育種改良において重要な遺伝現象として、品種育成に幅広く取り入れられている。また、中でもロバの雄とモウコウマの雌との交配により生まれたラバは有名。ヘテローシスの発生現象が起こる理由として、雑種第一代の対立遺伝子における相互作用説や異なった優性遺伝子の共存説、また環境説など様々な説が挙げられているが、いまだ不明な点が多く明瞭な理由は打ち出されていない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ