ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 捕獲訓練
    ほかくくんれん

    「捕獲筋病」とは、動物が捕獲の際に異常な興奮や恐怖を感じ、それが原因となって突然死する病気のこと。急激かつ短時間のうちに上がった脈拍から心臓に強い負担がかかり、心停止や心不全の状態になる「心筋症」の症状によく似ている。捕獲のタイミングで起こる症状の他に、捕獲された後の環境、例えば狭い檻の中に閉じ込められたストレスや、見知らぬ環境に突然入れられたストレスなどから、時間経過ののちに発症するものも捕獲筋病とされる。比較的小型の動物に見られやすく、心臓の小さい鳥類は特に注意しなければならない。動物の突然死には、症例は少ないもののストレスに由来するものも存在する。捕獲筋病は動物のみに見られる症状ではあるが、世界大戦中に囚われた人間にも突然死の症状が現れた報告があり、この突然死を捕獲筋病とする見解もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ