ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 盲腸
    もうちょう

    「夜行性」とは、夜に活動し昼は休む性質のこと。動物の場合フクロウ、猫、ネズミ、カブトムシ、クワガタ、ハブなどが夜間性生物だ。夜間に活動する理由は、生物によって異なる。昼間に活動すると、明るいため天敵の生物に狙われやすい。また体色が黒い生物や表面積が小さい動物は、昼間の直射日光が体温の過剰な上昇につながってしまうため、昼間の時間帯は物陰や地中に隠れて休息をとっている。他の理由として、夜行性の動物の中には、聴覚、嗅覚、触覚の感覚が発達している生物がいる。その生物は、視覚があまり発達していないため、光がほとんど見えていない。人間の場合は、昼間寝て夜起きている「昼夜逆転生活」のことを言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ