ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 有胎盤哺乳類
    ゆうたいばんほにゅうるい

    有効集団サイズとは、孤立個体群の存続を決定する主要因とみなされていて、適応度や進化能力の維持、あるいは有害突然変異の蓄積効果回避に必要な最小繁殖個体数の意味で用いられる。家畜などにおいては、集団の中の雄の比率が雌の比率よりも極端に少ない。この場合、見かけから期待されるよりも、おおきな遺伝的浮動が起こる。そこで雄雌の集団で、世代ごとに変化のない理想的集団に換算した場合に計った集団を、有効な大きさと呼ぶ。大きな集団では任意交配することで交配相手が近親である確率は低くなるのに対し、集団の大きさが小さい状態が続くと、交配相手が近親である比率が高くなる。その結果、遺伝子頻度は増加、または減少の方向へ動くことを遺伝的浮動と呼ぶ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ