ご希望の動物園情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

動物園用語集

動物園用語集 動物園用語集

文字サイズ

  • 幼獣園
    ようじゅうえん

    「有羊膜類」とは、羊膜を保有する生き物のこと。爬虫類、鳥類、哺乳類が挙げられる。脊椎動物の分類で対するものとして、羊膜を保有しない無羊膜類がある。羊膜とは、多細胞生物が個体を発生した初期段階である「胚」を包み込む「胎膜」のひとつ。有羊膜類の卵は母体内で受精をし、卵には2種類の胚膜が発生。そのひとつである羊膜の中には羊水が満ち、他方の尿膜では胚が作り出した老廃物を蓄えている。生物が羊膜を有することで乾燥に適応できるようになる。具体的には地上で卵を成長させること、生体に近い形で生まれてくることが可能になった。生殖の方法や生殖器は、有羊膜類と無羊膜類で異なる。有羊膜類は体内受精に対し、無羊膜類は体外受精である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の動物園を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ